Braveを除去

2020-10-17

BraveをLinux, Androidからアンインストールした。 理由はsuspiciousだから。

使用中に操作対象アイテムでないものが挟まれたりして「意図しない動作」をすることがひとつ。

そして大きいのが、Linuxだとmimeapps.listを書き換えてしまい、強制的にBraveを起動するようにしてしまうこと。

application/xhtml_xml=brave-browser.desktop;chromium.desktop;google-chrome.desktop;opera.desktop;vivaldi-stable.desktop;
          image/webp=brave-browser.desktop;chromium.desktop;google-chrome.desktop;vivaldi-stable.desktop;
          text/html=brave-browser.desktop;chromium.desktop;firefox.desktop;google-chrome.desktop;opera.desktop;vivaldi-stable.desktop;
          text/xml=brave-browser.desktop;chromium.desktop;firefox.desktop;google-chrome.desktop;opera.desktop;vivaldi-stable.desktop;
          x-scheme-handler/ftp=brave-browser.desktop;chromium.desktop;google-chrome.desktop;opera.desktop;vivaldi-stable.desktop;
          x-scheme-handler/http=brave-browser.desktop;chromium.desktop;firefox.desktop;google-chrome.desktop;opera.desktop;vivaldi-stable.desktop;
          x-scheme-handler/https=brave-browser.desktop;chromium.desktop;firefox.desktop;google-chrome.desktop;opera.desktop;vivaldi-stable.desktop;

Androidでも同様の症状があり、条件によっては無条件でBraveが起動されてしまう。 Androidでデフォルトアプリを強制する方法というのはよくわからないが、何らかの抜け道を使っているのだろう。

いずれのせよ、(Edgeも似たようなものではあるけど)ユーザーの意思を無視して強制的に起動するようなアプリケーションは信用できないので、アンインストールした。